眼の中の死

ジャン=ピエール・ヴェルナン [著] ; 及川馥, 吉岡正敞 訳

仮面をつけたギリシアの神々、アルテミスとゴルゴの特性を自己同一性と他者性という視点から考察し、超自然的な領域にかかわり、恐怖によって人間を死に直面させるそれらの異様な形態と行動を究明しつつ、西洋的思考の根源としてのギリシア的叡知を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アルテミス、あるいは他者の辺境
  • 辺境から怪物的なるものへ
  • ゴルゴの仮面
  • 恐怖の顔面
  • 笛と仮面。ハデスの踊り
  • 頭の女神
  • 眼の中の死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 眼の中の死
著作者等 Vernant, Jean-Pierre
及川 馥
吉岡 正敞
ヴェルナン ジャン・ピエール
書名ヨミ メ ノ ナカ ノ シ
書名別名 La mort dans les yeux

古代ギリシアにおける他者の像

Me no naka no shi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 419
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.12
ページ数 137p
大きさ 20cm
ISBN 4588004190
NCID BN10095009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94017344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想