旅の思想史 : ギルガメシュ叙事詩から世界観光旅行へ

エリック・リード 著 ; 伊藤誓 訳

人類は<旅>によって世界を変えてきた。そして、未曾有の<旅人社会>を現出した今、人類はどこへ向かって旅立とうとしているのか?人間の<移動性>とそれがもたらす<異人の眼>をキー・コンセンプトに、古今東西の旅の足跡を俯瞰する壮大な「旅の世界史」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 旅の歴史学に向けて
  • 第1部 旅の構造-旅立ち、移動、到着(外の世界へ-旅立ち
  • 「かくも心地よき旅路」-旅路の誘惑
  • 門に佇む異人-到着
  • 空間と性別-女性の仲介)
  • 第2部 哲学的な旅(時間の旅-古代と中世の伝統
  • 新世界との遭遇-ヨーロッパの自己発見
  • 疎外された眼-科学的な旅)
  • 第3部 旅と自己同一性(撤種の旅
  • 旅する社会-歴史の動因
  • 旅と社会的存在の変容)
  • エピローグ 現代の旅人の心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旅の思想史 : ギルガメシュ叙事詩から世界観光旅行へ
著作者等 Leed, Eric J.
伊藤 誓
伊藤 誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓
リード エリック・J.
書名ヨミ タビ ノ シソウシ
書名別名 The mind of the traveler

Tabi no shisoshi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 420
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.12
ページ数 462, 19p
大きさ 20cm
ISBN 4588004204
NCID BN10088309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94027325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想