幕末純情伝 : 竜馬を斬った女

つかこうへい 著

黒船が伊豆下田の沖に姿を見せた明くる年、所も同じ、菜の花咲きみだれる下田で、土方歳三は、妖しいほどに美しい娘・琴と、運命的な出合いを果たしていた。それから4年、もはや一殺一両の殺人集団になり下がった新撰組に、歳三とともに、美剣士・沖田総司として、琴がいた。総司は、女である身をおしかくし、歳三への愛の証として、ひたすら人を斬りつづけ、ついにはその刃を坂本龍馬に向けていく。-ひとたび女が恋にくるえば、国の歴史くらいはひっくりかえる。時代と愛の苦悶を、歳三と龍馬のあいだで揺れうごく「女総司」の情念を通して解き明かす、めくるめく幕末絵巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末純情伝 : 竜馬を斬った女
著作者等 つか こうへい
書名ヨミ バクマツ ジュンジョウデン
書名別名 Bakumatsu junjoden
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1990.12
ページ数 313p
大きさ 15cm
ISBN 4041422345
NCID BN1006391X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91010000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想