β遮断薬と高血圧 : 最新の知見からみた臨床応用

築山久一郎 編

[目次]

  • 降圧薬療法の変遷とβ遮断薬の位置づけ
  • 疫学的成績からみた降圧薬としてのβ遮断薬の評価
  • β遮断薬の降圧薬療法における臨床評価-米国合同委員会の高血圧治療指針(1992)にみる最近の考え方
  • β遮断薬の降圧機序-最近の考え方
  • 臨床応用の立場からみた各種のβ遮断薬の薬理学的特徴と性質
  • 血圧日内変動とβ遮断薬によるChronotherapy
  • β遮断薬による循環動態-全身血行動態と末梢循環に対する影響
  • β遮断薬の脳循環調節に及ぼす効果と脳卒中の発症予防〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 β遮断薬と高血圧 : 最新の知見からみた臨床応用
著作者等 築山 久一郎
書名ヨミ ベータ シャダンヤク ト コウケツアツ
書名別名 Beta shadan'yaku to koketsuatsu
出版元 メディカルレビュー社
刊行年月 1993.10
ページ数 199p
大きさ 26cm
ISBN 4896000579
NCID BN10050598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94009591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想