どうしてもコメの話

井上ひさし 著

日本のコメが危ない。押し寄せる関税化・自由化の波に、現実になった大凶作、緊急輸入-。いまこそ日本のコメや農村の重要性を認識し、地球に優しい水田を守っていくときである。一粒のコメをつぶさに見つめ、児孫のために美田を残す道を探る。コメをめぐるあらゆる迷信を覆し、日本の進むべき新たな指針を示す。第一弾『コメの話』に引き続き、文庫オリジナル版で緊急刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 続 井上ひさしのコメ講座
  • どうしてもコメの話
  • なぜ、私はコメの自由化に反対するか
  • それからの「吉里吉里国」
  • 食文化の核
  • コメ自由化論者はノーテンキ坊や

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どうしてもコメの話
著作者等 井上 ひさし
書名ヨミ ドウシテモ コメ ノ ハナシ
書名別名 Doshitemo kome no hanashi
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1993.11
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 4101168261
NCID BN10046819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94013437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想