知られざる戦争犯罪 : 日本軍はオーストラリア人に何をしたか

田中利幸 著

東京裁判の被告選定過程で、オーストラリアだけが正式に天皇を被告とするよう提案した。日本の戦犯裁判で、終始最も厳しい態度をとり続けたオーストラリアには、どのような戦時体験があったのか。戦慄すべき所業の数々-それは捕虜虐待に始まり、虐殺、強姦、そしてついに人肉食に至る-が、オーストラリア国立公文書館・戦争博物館での封印を解かれて、いまはじめて再現される。信頼できる史料に拠って事実を掘り起こし、集団狂気の日常化を生んだ原因を追究した本書は日本人に深刻な反省を迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 捕虜虐待とジュネーブ条約-サンダカン捕虜収容所を中心に
  • 第2章 捕虜虐殺とその責任問題-サンダカン「死の行進」を中心に
  • 第3章 戦争における女性虐殺・強姦・強制売春-豪州従軍看護婦の体験を中心に
  • 第4章 ウエッブ裁判長と日本陸軍の人肉食罪-「人肉食」に関する豪州軍資料を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知られざる戦争犯罪 : 日本軍はオーストラリア人に何をしたか
著作者等 田中 利幸
書名ヨミ シラレザル センソウ ハンザイ
書名別名 Shirarezaru senso hanzai
出版元 大月書店
刊行年月 1993.12
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 427252030X
NCID BN10044835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94014461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想