家族は変わったか

有地亨 著

雑誌・新聞への人生相談、投稿、統計資料などを用いて、家族の構成員の無意識的意識、感情、価値観、人生観を含む集合的心性(マンタリテ・コレクティブ)を明らかにすることにより、日本の家族の今後を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「いえ」の意義
  • 2 「いえ」意識の変化
  • 3 専業主婦の悩み
  • 4 現代の父親像
  • 5 会社人間の夫に変化
  • 6 ニューファミリーと新人類の結婚・家族
  • 7 夫婦間の関係の変化
  • 8 特殊な母子関係
  • 9 結婚観の変化
  • 10 離婚
  • 11 フェミニズムと家族
  • 12 働く女性と家庭
  • 13 出生率の低下・生殖革命・特別養子
  • 14 虐げられる子どもたち
  • 15 荒れる子どもたち
  • 16 家庭教育と学校教育
  • 17 高齢者と家族
  • 18 さまざまな家族論
  • 19 わたくしたちにとって家族とはなにか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族は変わったか
著作者等 有地 亨
書名ヨミ カゾク ワ カワッタカ
書名別名 Kazoku wa kawattaka
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1993.12
ページ数 349p
大きさ 19cm
ISBN 4641182035
NCID BN10043832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94016146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想