ヴェネツィア

饗庭孝男 [ほか]著

小さい海上都市でありながら、その広大な海上貿易と戦争を通し、オリエント、イスラム、ラテン、ゲルマン、スラヴ等の文化を媒介し、混融させることで自らを強大にして栄光にみちた都市としたヴェネツィアを、脱領域的にとらえた力動感あふれる書物。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 共同討議 ヴェネツィアの魅力とは何か
  • 第1章 ヴェネツィアの歴史
  • 第2章 ヴェネツィアの文化
  • 第3章 迷宮都市としてのヴェネツィア
  • 第4章 ヴェネツィアの多様な住宅建築
  • 第5章 知の空間としてのヴェネツィア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェネツィア
著作者等 山口 昌男
陣内 秀信
饗庭 孝男
書名ヨミ ヴェネツィア
書名別名 栄光の都市国家

Venetsuia
出版元 東京書籍
刊行年月 1993.11
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 4487752981
NCID BN10040197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94007948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想