「失われた時を求めて」草稿研究

吉田城 著

残された膨大な草稿群の精細周密な解読・分析をとおして、『失われた時を求めて』の<生成過程>に新しい照明をあて、決定稿の神話を解体し、新たな解釈や意味づけを導きだす。プルースト草稿研究の第一人者による20年来の調査・研究の大成、待望の論稿集。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序論 テクストの起源(生成論とは何か
  • 『失われた時を求めて』の誕生小史)
  • 第1章 コンブレー(冒頭の一句をめぐって
  • 紅茶とマドレーヌ-時間の超越
  • エロスの世界-「秋の散歩」のテクスト成立過程)
  • 第2章 バルベックの方へ(カフェオレを売る娘
  • バルベック教会の原型
  • 波の輝き-文体に関する一考察)
  • 第3章 母親と祖母(心の間歇
  • 医師デュ・ブールボンの肖像
  • サン・マルコ洗礼堂の神秘)
  • 第4章 都市・書物・神経症(プルーストとパリ
  • 読書論から見たプルースト-『胡麻と百合』をめぐって
  • ソリエ博士と隔離療法)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 序論 テクストの起源
  • 1 生成論とは何か-プルーストの草稿研究 / p11
  • 2 『失われた時を求めて』の誕生小史 / p36
  • 第一章 コンブレー
  • 1 冒頭の一句をめぐって / p51
  • 2 紅茶とマドレーヌ-時間の超越 / p75
  • 3 エロスの世界-「秋の散歩」のテクスト成立過程 / p96
  • 第二章 バルベックの方へ
  • 1 カフェオレを売る娘 / p121
  • 2 バルベック教会の原型-バイユーとアミアン / p139
  • 3 波の輝き-文体に関する一考察 / p168
  • 第三章 母親と祖母
  • 1 心の間歇 / p185
  • 2 医師デュ・ブールボンの肖像 / p225
  • 3 サン・マルコ洗礼堂の神秘 / p263
  • 第四章 都市・書物・神経症
  • 1 プルーストとパリ / p291
  • 2 読書論から見たプルースト-『胡麻と百合』をめぐって / p353
  • 3 ソリエ博士と隔離療法 / p387
  • 注 / p409
  • あとがき / p437
  • 初出一覧 / p441
  • 文献一覧 / p451
  • 索引 / p465

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 「失われた時を求めて」草稿研究
著作者等 吉田 城
書名ヨミ ウシナワレタ トキ オ モトメテ ソウコウ ケンキュウ
出版元 平凡社
刊行年月 1993.11
ページ数 465p
大きさ 22cm
ISBN 4582333125
NCID BN10025513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94018285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想