捜査事務に就て

樫田忠美 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 捜査官の採るべき態度 / 1
  • 第二章 犯罪捜査の槪念 / 3
  • 第三章 犯罪現象の分析 / 4
  • 第四章 犯罪捜査に付ての表の作成 / 7
  • 第五章 捜査官の品性 / 8
  • 第六章 犯罪捜査の準備 / 12
  • 第七章 犯罪捜査の原則 / 15
  • 第八章 犯罪捜査の刑事訴訟法上に於ける地位 / 22
  • 第九章 捜査機關 / 24
  • 第十章 檢事の心得 / 32
  • 第十一章 搜査權の發動 / 39
  • 第十二章 現行犯 / 43
  • 第十三章 變死體 / 59
  • 第十四章 刑事記錄を接受した場合の取扱に就いて / 64
  • 第十五章 押收及捜索に就いて殊に家宅捜査に就いて / 74
  • 第十六章 關係人の取調に就ての注意 / 77
  • 第十七章 捜査費用 / 94
  • 第十八章 刑事訴訟法第二百五十五條に就いて / 97
  • 第十九章 刑事事件數計算の基本原則 / 105
  • 第二十章 起訴、不起訴の問題 / 107
  • 第二十一章 起訴狀を書くに當りての注意 / 121
  • 第二十二章 司法警察官の微罪處分に就いて / 126
  • 第二十三章 捜査手續上禀議を要すべき事項 / 134
  • 第二十四章 法廷に於ける檢事の態度竝に其の心境 / 137
  • 第二十五章 檢事の論吿に就いて / 138
  • 第二十六章 ○○派選擧違反竝に證據湮滅事件 / 142
  • 第二十七章 ○○產業銀行事件に對する論吿要旨 / 160
  • 第二十八章 檢事控訴意見書 / 209
  • 第二十九章 檢察記錄に對する講評 / 223
  • 第三十章 煩雜にして重大なる現行犯事件捜査の實例觀音丸事件 / 225
  • 第三十一章 血液型の話(血液型確定に依り竊盜犯人檢擧の實例) / 247
  • 第三十二章 學童慘殺事件捜査の實例(腦味噌取りの目的) / 251
  • 第三十三章 屍體火葬後に於ける殺人放火等被疑事件豫審免訴後再審査の實例 / 287
  • 第三十四章 警察署長殺し事件豫審免訴後の再捜査の實例 / 372

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 捜査事務に就て
著作者等 樫田 忠美
書名ヨミ ソウサ ジム ニ ツイテ
書名別名 Sosa jimu ni tsuite
シリーズ名 司法資料 ; 第179号
出版元 司法省調査課
刊行年月 1933
ページ数 464p 図版 地図
大きさ 22cm
NCID BN10023008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60002441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想