自然とその根源力

西川富雄 著

[目次]

  • 自然は蘇えるか-シェリングの自然哲学に定位して
  • 1 思想史篇(自然の技術
  • フィヒテとシェリング-「生きている自然」と思惟<知>と存在の同一性
  • ゲーテとヘーゲル-有機的自然を中心として
  • 初期ヘルダーリンにおける「自然」と「精神」あるいは「自然の精神」-「調和の女神に捧げる讃歌」から『ヒュペーリオン』へ
  • 芸術と自然-ドイツ観念論の美学における「自然模倣」説の帰趨
  • 自然文芸-民衆文芸-J.グリムのゲルマニスティクの理念について
  • 立ち出でることとしてのピュシス-ハイデガーにおける言葉の在処
  • 符牒としての自然-ドイツ観念論と初期ロマン派の詩人たち)
  • 2 現代展望篇(自然科学と自然哲学
  • ドイツ観念論の中の技術論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然とその根源力
著作者等 西川 富雄
書名ヨミ シゼン ト ソノ コンゲンリョク
シリーズ名 叢書ドイツ観念論との対話 第2巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1993.11
ページ数 305, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4623023656
NCID BN09995818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94014348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想