近代世界を剥ぐ

広松渉 著

産業資本主義が西欧において如何にして成立し、何故、全世界を席捲しえたのか。激動前夜(15世紀)の世界地図を俯瞰することから始め、その突然変異ともいえる特殊性を歴史的に辿り、近代市民社会・国民国家の実態を暴き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 激動前夜の世界地図-十五世紀の世界を眺めわたす
  • 2 十五・六世紀の西洋-"遠洋航海"開始の以前と以後
  • 3 資本主義の突然変異-西欧で資本主義の成立した条件
  • 4 奴隷貿易と収奪経済-アフリカとアメリカと東洋…
  • 5 国民国家の問題構制-自由平等主義と市民社会の擬制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代世界を剥ぐ
著作者等 広松 渉
廣松 渉
書名ヨミ キンダイ セカイ オ ハグ
シリーズ名 これからの世界史 1
出版元 平凡社
刊行年月 1993.11
ページ数 295p
大きさ 20cm
ISBN 4582495214
NCID BN09992230
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94019008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想