グスタフ・マーラー事典

アルフォンス・ジルバーマン 著 ; 山我哲雄 訳

グスタフ・マーラーの作品は、今日、オーケストラの主要レパートリーとなっており、多くの指揮者が挑戦すべき高峰である。本書はマーラーの生涯と作品について、あらゆる角度から詳細に叙述した、極めて個性的な事典である。著者は世紀末ウィーン、マーラーと彼の同時代者との関係、作品の成立事情と曲の構造、受容史などについて、豊富な学識に基づき緻密な分析を展開する。本書はマーラーを愛する全ての人々のための、第一級の基本図書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • グスタフ・マーラー事典項目一覧
  • グスタフ・マーラー作品目録
  • 主要参考文献表
  • グスタフ・マーラー関係邦語文献表
  • グスタフ・マーラー生涯と作品
  • 『グスタフ・マーラー事典』によせて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グスタフ・マーラー事典
著作者等 Silbermann, Alphons
山我 哲雄
ジルバーマン アルフォンス
書名ヨミ グスタフ マーラー ジテン
書名別名 Lübbes Mahlar lexikon
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.11
ページ数 640p
大きさ 20cm
ISBN 4000004409
NCID BN09988528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94016530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想