新しき短歌の規定

近藤芳美 著

新しい歌とは何か、なぜ歌を作るのか。本書は、まさに戦後の歴史的局面のさまざまな変貌と混乱を振り払うように、沈滞し腐敗しかかった戦後短歌に指針と光明をあたえた歌論集として、多くの短歌実作者の記憶に長くとどめられてきた。実作者は己を賭けた生の追究をせよと説く三十四篇の歌論には、いずれも著者の意気込みと責任の強さがみなぎっている。時流を超えて新たな光芒を放つ現代短歌の原典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 転機に立つ
  • 幇間の如く成る場合
  • 福田みゑの歌
  • 新しき歌壇の生成
  • 短歌の封建性
  • 批評への不信
  • 新しき短歌の規定
  • 作品とする技術-批評の基準について
  • 短歌と生括
  • 短歌の作り方について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しき短歌の規定
著作者等 近藤 芳美
書名ヨミ アタラシキ タンカ ノ キテイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.11
ページ数 264p
大きさ 15cm
ISBN 4061590995
NCID BN0997629X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94012388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想