スミス・ヘーゲル・マルクス

難波田春夫 著

近代市民社会を考察して、アダム・スミスは土台である経済が「見えざる手」に支配されると考えた。後にヘーゲルは経済の自律的体系は不可能で、市民社会は国家に包摂されることで存立し得ると批判し、マルクスは経済の中の宥和なき矛盾のため市民社会は社会主義に移行すると説いた。本書は、西欧三大思想家が主張した自由主義、国家主義、社会主義の生い立ちと体系を独自の視点から考察した名著である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 問題提起
  • 第1章 アダム・スミス-市民社会の解放
  • 第2章 ヘーゲル-市民社会の国家への包摂
  • 第3章 マルクス-市民社会の崩壊
  • 結語 その後に来るもの
  • 解説 難波田哲学と『スミス・ヘーゲル・マルクス』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スミス・ヘーゲル・マルクス
著作者等 難波田 春夫
書名ヨミ スミス ヘーゲル マルクス
書名別名 Sumisu hegeru marukusu
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.11
ページ数 263p
大きさ 15cm
ISBN 4061591002
NCID BN09976278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94011829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想