一八一二年の雪

両角良彦 著

雪・炎・コサックがナポレオン軍を襲う。はるばるロシアに侵攻した40万の大軍は、なぜ悲惨な末路を迎えたのか-。英雄の没落を決定的にした、大義なき戦いの実相を、1級資料で明らかにしたノンフィクションの傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 光と影
  • 第1章 モスクワへの道
  • 第2章 溶けさる戦力
  • 第3章 聖都にて
  • 第4章 受難の行列
  • 第5章 森と雪
  • 第6章 ベレジナ河
  • 第7章 仮面の人たち
  • 第8章 沈む船
  • 終章 母なる大地

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一八一二年の雪
著作者等 両角 良彦
書名ヨミ センハッピャク ジュウニネン ノ ユキ
書名別名 モスクワからの敗走

Senhappyaku juninen no yuki
シリーズ名 朝日選書 486
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1993.11
版表示 新版
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4022595868
NCID BN09975173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94013089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想