サバービアの憂鬱 : アメリカン・ファミリーの光と影

大場正明 著

郊外からみるアメリカン・ウェイ・オブ・ライフの真実の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 50年代の郊外の世界へ
  • 広告と商品から浮かびあがる郊外の幸福
  • アメリカン・ファミリーの出発点
  • 変わりゆくアメリカの風景-郊外の観察者ジョン・チーヴァー
  • アメリカン・ファミリーの亀裂-リチャード・イェーツ、ブルース・J.フリードマン、ジョン・アップダイク、『泳ぐひと』
  • アメリカン・ドリームの向こう側-ビル・オウエンズ、ジョイス・キャロル・オーツ
  • 郊外住宅地の夜空に飛来するUFO-スティーヴン・スピルバーグのトラウマ
  • ボルティモアの郊外から吹きだすバッド・テイスト-ジョン・ウォーターズの挑発
  • 郊外の子供たちのモノローグ-『ぼくらを撃つな』、エリック・フィッシュル、ベッツィ・イスラエル
  • 中流の生活を見つめるミニマリズムの作家たち-レイモンド・カーヴァー、デイヴィッド・レーヴィット
  • 保守化するアメリカから浮かびあがる家族の肖像-『普通の人びと』、ブラット・パック、ジョン・ヒューズ
  • 崩壊する家庭とよみがえる50年代の亡霊-スティーヴン・キングの暗闇
  • 揺らぐ50年代のイメージ-デイヴィッド・リンチ、『ベアレンツ』、『クライ・ベイビー』
  • 戦争が終わり、世界の終わりが始まった-フィリップ・K.ディックの50年代体験
  • 郊外のティーンエイジャーに襲いかかる悪夢-『ハロウィン』、ウェス・クレイヴン
  • こわばった郊外居住者の妄想-『ネイバーズ』、『メイフィールドの怪人たち』、『チェッキング・アウト』
  • 新しいフロンティアのリアリティ-『トゥルー・ストーリーズ』、『ゾンビ』、フレデリック・バーセルミ
  • ゲイの浸透と新しい家族の絆-デイヴィッド・レーヴィット、A.M.ホームズ、マイケル・カニンガム
  • 現代の郊外では何が起こっているのか-郊外のティーンをめぐる80年代の事件簿
  • 90年代を予感させる歪んだ郊外のイメージ-『ヘザース』、『アップルゲイツ』、『シザーハンズ』、A・M・ホームズ、『パパの原発』
  • コミュニティの理想と個人の希望のはざまで-『トラスト・ミー』、『パブリック・アクセス』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サバービアの憂鬱 : アメリカン・ファミリーの光と影
著作者等 大場 正明
書名ヨミ サバービア ノ ユウウツ
出版元 東京書籍
刊行年月 1993.11
ページ数 494p
大きさ 20cm
ISBN 4487752795
NCID BN09967255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94013519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想