X線解析入門

角戸正夫, 笹田義夫 著

X線解析に関する参考書: 151-152p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 1章 分子の構造を決定すること
  • 2章 X線の性質
  • 3章 X線の干渉と回折
  • 4章 原子の集団によるX線回折
  • 5章 結晶について
  • 6章 X線回折による結晶性物質の研究への入門
  • 7章 X線結晶解析の基礎
  • 8章 X線結晶解析の実際
  • 9章 X線結晶解析でどのようなことができるか

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 1章 分子の構造を決定すること / p1
  • 1・1 分子を直接見ることができるか? / p1
  • 1・2 ほかに構造を見る方法があるか? / p2
  • 1・3 分子の構造を直接決めるということ / p2
  • 1・4 X線解析はいかにして分子を見るか? / p3
  • 1・5 X線解析の歴史 / p6
  • 2章 X線の性質について / p10
  • 2・1 X線は電磁波である / p10
  • 2・2 X線の発生 / p12
  • 2・3 X線と物質との作用 / p13
  • 2・4 1個の電子によるX線の散乱 / p15
  • 3章 X線の干渉と回折 / p17
  • 3・1 干渉,回折とは / p17
  • 3・2 干渉波の振幅の計算について / p21
  • 3・3 1個の原子によるX線の散乱 / p24
  • 3・4 回折X線の振幅と構造の関係 / p25
  • 4章 原子の集団によるX線回折 / p29
  • 4・1 一つの分子によるX線回折 / p29
  • 4・2 原子または分子の密な集団によるX線回折 / p31
  • 4・3 結晶によるX線の回折 / p33
  • 4・4 まとめ / p37
  • 5章 結晶について / p39
  • 5・1 単位格子と晶系 / p39
  • 5・2 結晶網面と面指数 / p41
  • 5・3 面指数(hkl)と4・3[化学式],[化学式],[化学式]の関係 / p45
  • 5・4 結晶によるX線回折の方向と結晶面との関係 / p48
  • 5・5 結晶中における原子配列の対称性について / p51
  • 5・6 単位格子とその原点について / p60
  • 6章 X線回折による結晶性物質の同定分析について / p62
  • 6・1 再び結晶によるX線回折について / p62
  • 6・2 粉末結晶や多結晶集合体のX線回折による同定分析 / p63
  • 6・3 単結晶のX線回折による同定分析 / p65
  • 7章 X線結晶解析の基礎について / p66
  • 7・1 逆格子とは / p66
  • 7・2 結晶構造と構造因子 / p71
  • 7・3 フーリエ解析とは / p78
  • 7・4 回折強度とパターソン関数 / p87
  • 7・5 どのように構造因子の位相をきめるか / p95
  • 7・6 X線解析に対する電子計算機の応用および最小2乗法による解析精度の向上について / p103
  • 8章 X線結晶解析の実際 / p106
  • 8・1 解析の手順 / p106
  • 8・2 結晶作製 / p109
  • 8・3 密度,結晶の外形 / p110
  • 8・4 回折写真の撮影 / p111
  • 8・5 回折計 / p125
  • 8・6 回折データの整理 / p127
  • 8・7 解析のいろいろの例 / p129
  • 9章 構造解析の結果について二,三の注意 / p141
  • 9・1 原子種の識別 / p141
  • 9・2 原子間距離と原子価角の精度 / p144
  • 9・3 構造解析の正しさについて / p147
  • X線解析に関する参考書 / p151
  • 索引 / p153

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 X線解析入門
著作者等 笹田 義夫
角戸 正夫
書名ヨミ Xセン カイセキ ニュウモン
書名別名 Xsen kaiseki nyumon
シリーズ名 現代化学シリーズ
出版元 東京化学同人
刊行年月 1965
版表示 第3版
ページ数 155p
大きさ 22cm
ISBN 4807903837
NCID BN01343482
BN02833002
BN09955471
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65000231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想