役割行為の社会学

栗岡幹英 著

薬害および冤罪事件とその裁判を題材に、日常的行為者が「逸脱役割」の付与によって崩壊した意味世界を再構築する過程を、役割カテゴリーを用いて解釈した試論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 役割理論と行為解釈
  • 第2章 薬害被害者の意味世界
  • 第3章 薬害と裁判
  • 第4章 相互行為の成立と役割
  • 第5章 社会的世界と役割関係
  • 第6章 生活世界の再構築
  • 第7章 社会過程としての裁判

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 役割行為の社会学
著作者等 栗岡 幹英
書名ヨミ ヤクワリ コウイ ノ シャカイガク
書名別名 Yakuwari koi no shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1993.11
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4790704777
NCID BN09949366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94057571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想