日本建国の研究

西村真次 等著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 日本民族の構成と其人種的位地 / 1
  • 西村眞次
  • 第一章 緖言 / 1
  • 第一節 人種學的硏究 / 1
  • 第二節 民衆、民族、國民、人種 / 3
  • 第二章 體質的規準 / 5
  • 第一節 序言 / 5
  • 第二節 頭形示數 / 5
  • 第三節 鼻示數 / 9
  • 第四節 身長 / 10
  • 第五節 毛髮 / 12
  • 第六節 眼瞼と眼色 / 14
  • 第七節 膚色 / 16
  • 第八節 血型 / 18
  • 第九節 指紋 / 22
  • 第十節 他民族との體質的交聯 / 25
  • 第三章 文化的規準 / 26
  • 第一節 文化的意義 / 26
  • 第二節 文化綱目 / 27
  • 第三節 言語 / 28
  • 第四節 物質的特徵 / 34
  • 第五節 藝術 / 41
  • 第六節 神話及び科學的知識 / 43
  • 第七節 呪術と宗敎 / 44
  • 第八節 社會機構 / 49
  • 第九節 政治 / 53
  • 第十節 他民族との文化的交聯 / 54
  • 第四章 結言 / 55
  • 第一節 化石學的、文献學的證憑 / 55
  • 第二節 日本民族の成立 / 57
  • 第三節 日本民族性と當來指針 / 58
  • 建國史觀 / 61
  • 溝口駒造
  • 一 緖言 / 63
  • 二 咒的宗敎的行爲 / 66
  • 卜占 / 66
  • 祈と誓 / 73
  • 咒詛方術 / 75
  • 祭の古風俗 / 78
  • 三 各種の生產手段 / 79
  • 四 生活資料 / 86
  • 衣料と生死 / 86
  • 飮食物 / 89
  • 五 結婚と生死 / 93
  • 結婚 / 93
  • 出產 / 97
  • 喪葬 / 99
  • 六 大家族の形成と其移動及分裂 / 103
  • 家族的國家 / 103
  • 大家族の分裂と末子相續 / 104
  • 古代の旅行と大家族移動 / 114
  • 古代の戰鬪 / 114
  • 七 古謠と集團齋唱 / 116
  • 建國の精神 / 121
  • 日本國家原理の社會學的解明
  • 關榮吉
  • 國語の建國時代 / 171
  • 安藤正次
  • 神話學の立場より見たる日本建國 / 211
  • 松村武雄
  • 考古學上より觀た我か建國當時の文化 / 269
  • 大場磐雄
  • 一 序說 / 271
  • (1) 日本文化の黎明期
  • (2) 考古學的考察の意義
  • 二 石器時代から金石併用時代へ / 274
  • 三 繩文式系原始文化 / 278
  • (1) 文化の内容
  • (2) 文化の特質と其の年代
  • 四 彌生式系金石併用文化 / 305
  • (1) 文化の内容
  • (2) 靑銅器と其の特質
  • (3) 文化の特質と其の年代
  • 五 神武天皇御東征の考古學的一考察 / 330
  • 六 餘論-古墳に示された皇化の伸張 / 333
  • (1) 初期古墳の特徵
  • (2) 國造の設置と古墳の分布
  • 地理學上より觀たる大八洲考 / 343
  • 内田寬一
  • 一 大八洲生成の前提としての游能碁呂島の經營 / 345
  • 二 大八洲生成と團體精神 / 247
  • 三 記紀の大八洲 / 349
  • 四 大八洲の比定 / 352
  • 五 大八洲と日本列島 / 358
  • 六 大八洲と政治的權域 / 358
  • 七 大八洲の順位 / 361

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本建国の研究
著作者等 西村 真次
書名ヨミ ニホン ケンコク ノ ケンキュウ
出版元 章華社
刊行年月 昭11
ページ数 364p
大きさ 22cm
NCID BN09947407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46068333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想