自伝契約

フィリップ・ルジュンヌ 著 ; 花輪光 監訳

自伝を定義することは可能なのか?自伝と他のディスクールを区別するものは一体、何か?この問いに答えるべく、本書において著者は、先ず、自伝テクスト読解の際の、テクストと読者の契約様式としての「自伝契約」という概念を探究の基軸に据え、自伝ジャンルへの抱括的な理論的考察を推進する。一方では、ルソー『告白』第一巻の複合的構造の分析、ジッド『一粒の麦もし死なずば』のもつ言表行為のレベルでの曖昧さ、サルトル『言葉』の「意味」が支配する物語順序、レーリスのエクリチュールにおける詩と自伝の漸進的統合、などの自伝を巡る諸問題を、テクストに密着しつつ、解き明かしてみせる。ジャンルとしての自伝に記号論的・物語論的方向から肉迫する、自伝研究の記念碑的大著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 契約
  • 2 読解(子供への罰-ルソーのある告白の読解
  • 『告白』第一巻
  • ジッドと自伝空間
  • サルトルの『言葉』における物語順序
  • ミシェル・レーリス-自伝と詩
  • 『語彙集』から『ビフュール』へ-テクストの構成
  • エサウの名による前奏曲とフーガ)
  • 3 歴史(自伝と文学史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自伝契約
著作者等 Lejeune, Philippe
住谷 在昶
花輪 光
井上 範夫
ルジュンヌ フィリップ
書名ヨミ ジデン ケイヤク
書名別名 Le pacte autobiographique

Jiden keiyaku
シリーズ名 叢書記号学的実践 17
出版元 水声社
刊行年月 1993.10
ページ数 511p
大きさ 22cm
ISBN 489176290X
NCID BN0994492X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94009941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想