大系日本の歴史  13

永原慶二 ほか編

激化する自由民権運動、内閣誕生と国会開設、そして憲法の発布…。日清・日露の両戦争をへて近代化路線を突き進んだ明治の40年間は、対外的にも国内的にも多くの犠牲をしいた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治時代の政治と知識人
  • 維新の終幕
  • 「国民」の形成
  • 保守化・軍拡・デフレ
  • 松方財政と激化民権
  • 立憲国家の誕生
  • 立憲政治の実験
  • 日清戦争と戦後経営
  • 日清戦後の社会
  • 帝国主義日本への道
  • 桂園時代
  • 明治から大正へ
  • 大正デモクラシーへの鼓動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大系日本の歴史
著作者等 坂野 潤治
永原 慶二
書名ヨミ タイケイ ニホン ノ レキシ
書名別名 近代日本の出発

Taikei nihon no rekishi
シリーズ名 小学館ライブラリー
巻冊次 13
出版元 小学館
刊行年月 1993.8
ページ数 457p
大きさ 16cm
ISBN 4094610138
NCID BN09941025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93063868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
近代日本の出発 坂野 潤治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想