アメリカ経済学史研究 : 新古典派と制度学派を中心に

田中敏弘 著

本書はアメリカの新古典派経済学と制度派経済学を中心としたアメリカ経済学史研究の論文集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカ経済学史研究(アメリカ経済学史研究とアメリカ新古典派経済学-J.B.クラークを中心に
  • アメリカにおける限界主義理論
  • アメリカ制度派経済学
  • アメリカ制度派経済学とドイツ歴史学派
  • ミッチェルとシュンペーター
  • -一般均衡理論の受容と否認
  • 経済学史家としてのジョージフ・ドーフマン)
  • 2 付論-限界革命、ジェヴォンズ、ケンブリッジ版経済学史(限界革命の解釈と評価をめぐって
  • ジェヴォンズとアダム・スミス-幻のジェヴォンズ版注釈つき『国富論』を中心に
  • 現代ケンブリッジ版経済学史について-リカードウ-マルクス-スラッファ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ経済学史研究 : 新古典派と制度学派を中心に
著作者等 田中 敏弘
書名ヨミ アメリカ ケイザイガクシ ケンキュウ
書名別名 Amerika keizaigakushi kenkyu
出版元 晃洋書房
刊行年月 1993.11
ページ数 323p
大きさ 20cm
ISBN 4771006687
NCID BN09929529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94014606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想