ラカン : 象徴的なものと想像的なもの

ジャン・ミシェル・パルミエ 著 ; 岸田秀 訳

無意識と言語の関係を構造的に把握し、鏡像段階、象徴界・想像界・現実界、欲望、他者、などの概念を駆使して、精神分析学をはじめひろく人文諸科学に新しい視界をひらいた、ラカンの思想への平明で精緻なアプローチ。

「BOOKデータベース」より

ラカンは、カール・アブラハム、アーネスト・ジョーンズ、メラニー・クラインらとともに、フロイド以後、フロイドの理論をたえず深め発展させてきた世代に属しているが、彼ほど、精神分析が蒙ってきたあらゆる改竄に対して、精神分析の本質を甦らせ、その真理を擁護することに固執してきた者はない。本書は、"フロイドへの回帰"を標榜し、終始臨床的視座をつらぬいて、高度工業社会の意識体系のなかで精神分析理論がはたす機能を追求してきたラカンの<人間に対する新しい理解>を精緻に解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鏡像段階と「私」の形成
  • 第2章 言葉と意味するものの優位
  • 第3章 無意識の形成物
  • 第4章 欲望とその解釈
  • 第5章 ラカンによる精神分析の状況
  • 補遺 ラカンとレヴィ・ストロース

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鏡像段階と「私」の形成
  • 第2章 言葉と意味するものの優位
  • 第3章 無意識の形成物
  • 第4章 欲望とその解釈
  • 第5章 ラカンによる精神分析の状況
  • 補遺 ラカンとレヴィ=ストロース

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラカン : 象徴的なものと想像的なもの
著作者等 Palmier, Jean Michel
岸田 秀
パルミエ ジャン・ミシェル
書名ヨミ ラカン
書名別名 Lacan,le symbolique et l'imaginaire. 2.éd
出版元 青土社
刊行年月 1988.4
版表示 〔新装版〕
ページ数 231, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4791752813
NCID BN02729259
BN09928796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89023808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想