日本軍政下のアジア : 「大東亜共栄圏」と軍票

小林英夫 著

「大東亜共栄圏」とは、植民地や占領地の富と資源をすべて日本の戦争目的のために動員するという体制にほかならなかった。しかも日本軍の現地自活主義はさらに物資収奪を乱暴なものとした。本書は、日中戦争前後から敗戦まで日本の軍事支配地域で展開された政策と実態を総合的に分析する。戦後責任また戦後補償を考えるための必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 軍票被害調査の旅へ
  • 1 中国戦線の物資争奪戦
  • 2 南方軍政とはどのようなものだったか
  • 3 「大東亜共栄圏」の実像
  • 4 戦後処理をめぐって
  • 終章 ふたたび被害調査の旅へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本軍政下のアジア : 「大東亜共栄圏」と軍票
著作者等 小林 英夫
書名ヨミ ニホン グンセイカ ノ アジア
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.11
ページ数 220, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004303117
NCID BN09928038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94015928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想