鉛筆と人間

ヘンリー・ペトロスキー 著 ; 渡辺潤, 岡田朋之 訳

鉛筆。その起源は三千年を超えて古代エジプトにさかのぼる。滑らかな書き味。木の削り具合。折れない芯。三角や六角のデザイン。精妙に変化する濃度。鉛筆をめぐって、無数の技術者たちが工夫と発明を重ねてきた。人の夢は鉛筆を生み、鉛筆は人の歴史を記録する。レオナルド・ダ・ヴィンチ、リンカーン、ヘミングウェイ、ナボコフ、H・D・ソロー…。このありふれた道具をいとおしんだ偉人たちの、知られざるエピソードを豊富に紹介。小さなモノから見えてくる、壮大な文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 忘れられた道具
  • 2 「鉛の筆」の謎
  • 3 鉛筆前史
  • 4 木製鉛筆の登場
  • 5 イギリスの石墨発見
  • 6 現在の鉛筆はフランスでつくられた
  • 7 ドイツの鉛筆職人
  • 8 アメリカの鉛筆開拓者
  • 9 森の職人H・D・ソロー
  • 10 ロンドン万博で行われた実験
  • 11 ドイツのブランド合戦
  • 12 アメリカ初の鉛筆工場
  • 13 世界鉛筆戦争
  • 14 芯を支える木
  • 15 技術者が心のなかで描くもの
  • 16 折れない芯
  • 17 鉛筆削りとシャープペンシル
  • 18 レーニンが認めた米国のビジネスマン
  • 19 競争、恐慌、そして戦争
  • 20 鉛筆先進国と後進国
  • 21 完ぺきな鉛筆
  • 22 どこにでもあるモノの物語
  • 付録(コ・イ・ノア鉛筆会社の「鉛筆製造法」より
  • 鉛筆のコレクション)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉛筆と人間
著作者等 Petroski, Henry
岡田 朋之
渡辺 潤
ペトロスキー ヘンリー
書名ヨミ エンピツ ト ニンゲン
書名別名 The pencil

Enpitsu to ningen
出版元 晶文社
刊行年月 1993.11
ページ数 391, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4794961421
NCID BN09925233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94009713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想