人間井深大

島谷泰彦 著

民間企業の技術者として初めての文化勲章を受章-。天才発明家といわれ、情熱と天真爛漫、「前へ、前へ」ときたこの自然児にも、栄光と挫折の道程があった。技術開発、幼児教育、福祉活動への支援など、さまざまな顔を持つ井深大。誰も書かなかった「人間井深大」の素顔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境が人をつくる(日光清滝
  • 井深家の系譜
  • 祖父・基という人
  • 生き続ける母の心
  • 科学少年が巣立つ日)
  • 第2部 人を活かす(好きなことがやれる
  • 生涯のパートナー
  • 東通工の新卒採用一号社員
  • 果敢な人材スカウト
  • 最高の還暦祝い)
  • 第3部 心の時代へ(家庭人としての井深
  • 「身障者の自活」を支援
  • お母さんしっかり
  • 東洋医学に傾斜
  • 友達っていいな)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間井深大
著作者等 島谷 泰彦
書名ヨミ ニンゲン イブカ マサル
書名別名 Ningen ibuka masaru
シリーズ名 大手町ブックス
出版元 日本工業新聞社
刊行年月 1993.9
ページ数 289p
大きさ 20cm
ISBN 4819108727
NCID BN09924820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94042361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想