ふたつの鏡 : 科学と哲学の間で

吉永良正 著

この本は、科学と哲学の両方に深い関心を寄せる著者が、このふたつの鏡を照らし合わせてみることによって、様々なテーマをめぐり思索した18篇のエッセイをまとめたものである。日常の身近なことがらから地球規模の問題まで、哲学的根本問題から科学のホットな話題まで、わかりやすく語りながら、ものごとの見方・考え方について示唆に富む意見を述べる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 理系と文系について
  • 始まりについて
  • 次元について
  • 続・次元について
  • 体について
  • ウソについて
  • 大きさについて
  • 偶然について
  • 受験について
  • 砂漠について
  • 問いについて
  • 夢について
  • 水辺について
  • 星について
  • 見えるものについて
  • 不可能について
  • 地球について
  • 終わりについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふたつの鏡 : 科学と哲学の間で
著作者等 吉永 良正
斎木 磯司
書名ヨミ フタツ ノ カガミ
シリーズ名 科学選書 17
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1993.11
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4314006056
NCID BN09919150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94014781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想