人間はどこまでチンパンジーか?

ジャレド・ダイアモンド 著 ; 長谷川真理子, 長谷川寿一 訳

2種のチンパンジー(コモンチンプ、ピグミーチンプ)とたった2%の遺伝子しか異ならないヒトは、いつ、いかにして彼らに別れを告げ、今日の文明へと大躍進を遂げたのか?どこまで動物性を残しているのか?そして、ますます大規模な自然破壊や虐殺をくり返し、核の脅威を終わらせられないのはなぜか?人類の未来に待ち受けるものを、その自然史に探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 単なる大型哺乳類の一種
  • 第2部 奇妙なライフサイクルを持った動物
  • 第3部 特別の人間らしさ
  • 第4部 世界の征服者
  • 第5部 一夜にしてふいになる進歩
  • エピローグ 何も学ばれることなく、すべては忘れられるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間はどこまでチンパンジーか?
著作者等 Diamond, Jared M
長谷川 寿一
長谷川 真理子
Diamond Jared
ダイアモンド ジャレド
書名ヨミ ニンゲン ワ ドコマデ チンパンジー カ
書名別名 The third chimpanzee

人類進化の栄光と翳り

Ningen wa dokomade chinpanji ka
出版元 新曜社
刊行年月 1993.10
ページ数 541, 49p
大きさ 20cm
ISBN 4788504618
NCID BN09906283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94008206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想