清朝史通論

内藤湖南 著

清朝二百六十年余を、思想・文化を中心に明快かつ大胆な史観によって語り尽した、内藤湖南会心の講義録。清朝滅亡前夜に、その後の中国の姿を透視した「清朝衰亡論」をも併せ収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 清朝史通論(帝王及び内治
  • 異族統一と外交・貿易
  • 外国文物の輸入
  • 経学
  • 史学及び文学
  • 芸術
  • 清朝史通論綱目)
  • 清朝衰亡論(兵力上の変遷
  • 財政経済上の変遷
  • 思想上の変遷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 清朝史通論
著作者等 内藤 湖南
書名ヨミ シンチョウシ ツウロン
書名別名 Shinchoshi tsuron
シリーズ名 東洋文庫 571
出版元 平凡社
刊行年月 1993.11
ページ数 401p
大きさ 18cm
ISBN 458280571X
NCID BN0990160X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94018895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想