若者論を読む

小谷敏 編

若者をめぐる神話はいかにして生まれたか。気鋭の執筆陣が浮き彫りにする、この20年の時代相。「メタ社会学」の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 青年論のパースペクティブ-「異議申し立て」の嵐が去ったあとに(社会学的青年論の視角
  • 発達理論のなかの青年像-エリクソンとコールバーグの理論を中心に
  • モラトリアム・若者・社会)
  • 第2部 消費社会のなかの若者たち-消費社会の到来と「総ノリ」現象(消費記号論とは何だったのか
  • マーケティング時代の「若者論」と若者たち)
  • 第3部 情報化と若者たち-新人類、おたく、そして90年代へ(情報新人類論の考察
  • 情報化と若者の描かれ方
  • 虚構としての新人類論)
  • フローチャート年表-若者論とその背景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若者論を読む
著作者等 小谷 敏
書名ヨミ ワカモノロン オ ヨム
書名別名 Wakamonoron o yomu
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1993.11
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 4790704815
NCID BN09897885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94057593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想