漢詩の魅力

石川忠久 著

詩人の人間像を解明しながら、その名首名作の真髄をとらえて懇切平明に説く漢詩鑑賞読本。陶淵明に始まり、唐時代を中心にして陸游に至り、日本のは江戸期の代表的詩人の作品をあげる。収録長短詩130首。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古典の中の人間像(陶淵明-理想化されたイメージ
  • 李白-虚像と実像
  • 杜甫-李白との交遊
  • 王維と孟浩然-隠逸生活の楽しみ
  • 白楽天-詩に漂う閑雅な風味
  • 寒山-風狂のうた
  • 杜牧-絶句に非凡なセンス
  • 陸游-妻を恋うる歌)
  • さまざまな詩の世界(樵父と漁父と牧童と-超俗世界の人々
  • 隠者を尋ねて遇わず-山中の世界
  • 父老と飲む酒-世俗の中での交情
  • 辺塞詩の世界-戦争の非日常性を再認識
  • 閨怨詩の風趣-「悩む女性」の美を詠う)
  • 女性たちの境涯(王昭君と班〓@49D4〓@49A3-泣きぬれる美女
  • 西施と楊貴妃-傾国の佳人
  • 羅敷と子夜-強く明るい庶民の女性)
  • 中国漢詩の旅(大唐の都長安-数々の史跡に古人を偲ぶ
  • 三千年の古都洛陽-年々歳々人同じからず
  • 成都に息づく杜甫の世界-武侯祠と浣花草堂
  • 幻の黄鶴楼と武漢大橋-長江に浮かぶ詩人の面影
  • 長沙を包む青楓の林-湘江に映える橘子洲の緑
  • 洞庭湖と女神の伝説-うるわしいかな〓@56F5湘八景)
  • 日本漢詩の特質(吉野と桜-風雅に発した詩心
  • 芙蓉の雪-富士への率直な憧憬
  • 雲か山か呉か越か-海洋文学の金字塔)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢詩の魅力
著作者等 石川 忠久
書名ヨミ カンシ ノ ミリョク
書名別名 Kanshi no miryoku
出版元 時事通信社
刊行年月 1993.10
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 4788793296
NCID BN09897353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94001445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想