博多風俗史  遊里編

井上精三 著

[目次]

  • 博多風俗史 遊里編
  • もくじ
  • 博多柳町 / 1
  • 柳とくるわ
  • 黒田藩の移転命令
  • さびしい初期の柳町
  • 西国のつぼね
  • くるわとのれん
  • 文献にみる柳町
  • 黒田藩の柳町取締り / 19
  • 客の遊びは一日一夜限り
  • 痛い夜間営業禁止
  • 抱えられぬ他国のおんな
  • 籠の鳥
  • みじめな衣裳
  • 遊女の生態 / 37
  • 階級と揚代金
  • 身代金
  • 駈け落ち
  • 心中立
  • 博多の心中
  • 隠売女(かくしばいじょ) / 68
  • 宿場女郎
  • 垢すりおんな
  • 博多の風呂座
  • 白湯文字
  • 明治の柳町 / 78
  • 遊女切りほどき
  • 貸座敷制度
  • 娼妓の学校
  • 伸びゆく柳町
  • 燃える十二の妓楼
  • 糸柳街の鏡
  • 源氏名
  • はげしい新陳代謝
  • 娼妓の一日
  • 捕虜と登楼拒否
  • 自由廃業のあらし
  • 町芸者 / 132
  • 芸者のはじめ
  • 中島浜新地
  • 新茶屋
  • 萓堂芸者
  • 相生券番
  • 中洲券番の設立
  • 相券の分裂と水券の設立
  • 馬賊芸者
  • 芸者の生態
  • 柳町から新柳町へ / 181
  • 大学誘致に立上る博多商人
  • めざわりな遊廓
  • 誰が得をしたか
  • 新柳町の年季制
  • 好況に酔う
  • 再燃した廃娼運動
  • 不況とおんな買い
  • 酌婦と雇女 / 216
  • 大浜かいわい
  • 雇女繁盛
  • ゆれ動く花柳界
  • 花柳病余聞 / 224
  • 益軒淋病に悩む
  • 検ばいのはじまり
  • 水茶屋駆楳院
  • 撫すべしみるべからず
  • 性病対策
  • 大正芸者 / 238
  • 大戦景気と花柳界
  • 芸者と料理屋の紛争
  • 新券番から博多券へ
  • もめる券番の組織
  • 置屋の取締りと遊興税
  • 昭和の博多花街 / 255
  • ラジオと芸者
  • 売れっ妓
  • 好景気とあき書き
  • 芸妓の試験
  • 中券と東券の合併
  • 戦争の前と後 / 269
  • 空襲下の柳町
  • 銃後の芸妓と券番の解散
  • 婦女子を守る防波堤
  • 公娼廃止の覚書
  • 新柳町特飲街
  • 闇芸者
  • 博多芸妓組合の設立
  • 株式会社水茶屋券番
  • 芸者大いに怒る
  • 売春防止法案可決
  • 売春王国福岡県
  • 柳町の灯は消ゆる
  • 遊里以前 / 303
  • 遊行女婦
  • 萬葉のおんな
  • 檜垣
  • 遊女記
  • 港のおんな
  • 遊女のかしら長者
  • 女﨟閣
  • 武士と遊女
  • 小女郎
  • 名月
  • 遊女の移動
  • 博多風俗年表 / 337
  • 統計資料 / 356
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 博多風俗史
著作者等 井上 精三
書名ヨミ ハカタ フウゾクシ
書名別名 Hakata fuzokushi
巻冊次 遊里編
出版元 積文館書店
刊行年月 1968.12
ページ数 364p
大きさ 19cm
NCID BN09893964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78011380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想