古事記の研究

西宮一民 著

[目次]

  • 1 序文篇(天武天皇詔の考察
  • 元明天皇詔の考察
  • 太安万侶の撰進の考察)
  • 2 本文篇(本文の批評的研究
  • 太安万侶の文章記定の考察
  • 太安万侶の文字表記の考察)
  • 3 解釈篇(構造論的解釈と文脈論的解釈-冒頭の創世神話を中心として
  • 「神参拾伍神」考
  • スサノヲ神話の本質
  • 「天照大御神」考
  • 天孫降臨神話の解釈
  • 神武記「皇后選定」条の注文の解釈
  • 「倭建命」の段の文脈
  • 允恭記「軽太子捕はれる」条の注文の解釈
  • 記紀の歌垣の歌の解釈)
  • 4 訓読篇(「訓読」総論
  • 「訓読」各説
  • ナニモ<汝妹>の国語学的研究
  • 上代語コトムケ・ソガヒニ攷)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 序説 / p11
  • 1 成立の部
  • I 序文篇
  • はじめに / p21
  • 第一章 天武天皇詔の考察 / p23
  • 第一節 天武天皇詔の検討 / p24
  • 第二節 天武天皇の阿礼への勅語と誦習 / p32
  • 第三節 天武朝の修史と「記序」との関係 / p38
  • 第二章 元明天皇詔の考察 / p49
  • 第一節 元明天皇詔の解釈をめぐつて / p49
  • 第二節 元明天皇の修史の意図 / p59
  • 第三章 太安萬侶の撰進の考察 / p69
  • 第一節 資料と記定 / p69
  • 第二節 書名と構成 / p80
  • 一、「古事記」といふ書名について / p80
  • 二、「古事記」の構成について / p85
  • 第三節 署名と太安萬侶伝 / p93
  • 一、署名をめぐつて / p93
  • 二、太安萬侶伝 / p100
  • II 本文篇
  • はじめに / p109
  • 第一章 本文の批評的研究 / p111
  • 第一節 正当な本文に復原できるもの / p111
  • 第二節 下巻第一行の注「十九天皇」考 / p118
  • 第三節 内容上の矛盾について / p129
  • 第二章 太安萬侶の文章記定の考察 / p149
  • 第一節 安萬侶の文体選択 / p149
  • 一、「文体」の概念 / p149
  • 二、古事記以前の文体史 / p152
  • 第二節 安萬侶の施注の目的と方法 / p158
  • はじめに / p158
  • 一、「音注」の施注 / p160
  • 二、「声注」の施注 / p167
  • 三、「訓注」の施注 / p172
  • 第三節 漢文学による潤色 / p206
  • 一、「記序」と漢文学 / p206
  • 二、「本文」と漢文学 / p212
  • 第三章 太安萬侶の文字表記の考察 / p229
  • 第一節 古字・通用字について / p229
  • 第二節 文字の書分けについて / p245
  • 一、正訓字と仮名との区別の方法 / p245
  • 二、音仮名について / p246
  • 三、正訓字について / p249
  • 第三節 仮名表記の目的と方法 / p263
  • 一、歌謡の一字一音表記の成立 / p263
  • 二、訓字表記語と仮名表記語の問題 / p269
  • 2 読解の部
  • III 解釈篇
  • 第一章 構造論的解釈と文脈論的解釈-冒頭の創世神話を中心として- / p295
  • 第一節 解釈における二類 / p295
  • 第二節 天地初発から神世七代まで / p297
  • 一、五柱の別天神 / p297
  • 二、神世七代 / p303
  • 第三節 冒頭の創世神話の文脈論的解釈 / p306
  • 第二章「神参拾伍神」考 / p313
  • 第一節 資料 / p313
  • 第二節 問題点及び諸説 / p315
  • 第三節「持別而、生神名」の主語 / p323
  • 第四節 岐・美二神「共所生」神35神 / p335
  • 第五節「岐・美二神『共所生』神35神」再説 / p342
  • 第三章 スサノヲ神話の本質 / p347
  • はじめに / p347
  • 第一節 スサノヲ神の名義 / p348
  • 第二節 スサノヲ神話の分析 / p352
  • 第三節 スサノヲ神話の本質 / p362
  • をはりに / p368
  • 第四章「天照大御神」考 / p373
  • 第一節 名義上の考察 / p373
  • 一、「天照大御神」の訓義 / p373
  • 二、「大日孁貴」との関係において / p379
  • 第二節 文脈上の考察-其の一 / p383
  • 一、三貴子分治の条 / p383
  • 二、天石屋戸の条 / p386
  • 第三節 文脈上の考察-其の二 / p390
  • 第五章 天孫降臨神話の解釈 / p399
  • 第一節 神祇令「即位」「践祚」「大嘗」の条 / p399
  • 第二節「新嘗」と「大嘗」の本質 / p402
  • 第三節「真床追衾」について / p406
  • 第六章 神武記「皇后選定」条の注文の解釈 / p411
  • 第一節 問題のありか / p411
  • 第二節 山ゆり草の本名は「さゐ」 / p413
  • 第三節 狭井河の名の起り / p417
  • 第七章「倭建命」の段の文脈 / p421
  • 第一節 ヤマトタケルかヤマトタケか / p421
  • 第二節 ヤマトタケルノミコトの系譜から / p425
  • 第三節 倭建命の東征地理の所謂「矛盾」 / p438
  • 第八章 允恭記「軽太子捕はれる」条の注文の解釈 / p449
  • 第一節 問題のありか / p449
  • 第二節 軽箭と穴穂箭とは何か / p454
  • 第九章 記紀の歌垣の歌の解釈 / p461
  • はじめに / p461
  • 第一節 歌垣の歌 / p462
  • 第二節 90゜番の歌の解釈 / p465
  • 第三節 記紀の歌垣の歌の構成 / p471
  • IV 訓読篇
  • 第一章「訓読」総論 / p479
  • 第一節「訓読」の概念 / p479
  • 一、古事記の訓読とはどういふことか / p479
  • 二、表記法と訓読法と対応すべきこと / p483
  • 第二節 「訓読」と上代文法 / p489
  • 一、ヲ問フの文法 / p490
  • 二、「遇はしし嬢子」の文法 / p493
  • 三、「……而」の文法 / p497
  • 第二章 「訓読」各説 / p501
  • 第一節 修理固成 / p501
  • 第二節 萌騰 / p509
  • 第三節 禊祓と祓禊 / p517
  • 第四節 酸醤 / p520
  • 第五節 弓腹 / p528
  • 第六節 用鳴鏑神 / p531
  • 第七節 河尻 / p536
  • 第三章 ナニモ(汝妹)の国語学的研究 / p545
  • 第一節 ナニモの資料と諸説 / p545
  • 第二節「挿入的子音」の問題 / p548
  • 第三節「語頭子音の脱落」の問題 / p553
  • 第四節 ナニモ(汝妹)の語構成 / p559
  • 第四章 上代語コトムケ・ソガヒニ攷 / p567
  • 第一節 コトムケについて / p567
  • 第二節 ソガヒニについて / p574
  • 論文初出一覧 / p579
  • あとがき / p586
  • 索引(人名・書名・事項) / p588

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 古事記の研究
著作者等 西宮 一民
書名ヨミ コジキ ノ ケンキュウ
書名別名 Kojiki no kenkyu
出版元 おうふう
刊行年月 1993.10
ページ数 597p
大きさ 22cm
ISBN 4273027488
NCID BN09892371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008765
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想