味覚センサ

都甲潔 編著

[目次]

  • 序章 味の定量化
  • 第1章 味の文化から科学へ
  • 第2章 味の受容から認識まで
  • 第3章 脂質膜の構築原理
  • 第4章 膜電位の発生機構
  • 第5章 生体モデル膜
  • 第6章 味覚センサの開発
  • 第7章 マルチチャネル味覚センサの改良と応用
  • 第8章 非線形ダイナミクスを利用した味覚センサ開発の試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 味覚センサ
著作者等 都甲 潔
書名ヨミ ミカク センサ
出版元 朝倉書店
刊行年月 1993.11
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 4254200765
NCID BN0989022X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94011993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想