シェイクスピアの香り

熊井明子 著

英国ルネサンス期は、まれにみる花と香りに満ちた時代だった。この時代精神の具現者であるシェイクスピアの諸作品にも意外なほどさまざまな香気が満ちている。香りの文化史、香料・ハーブの実用例、そのメタファーほか従来だれも試みなかった新たな角度から、巨匠の作品世界の本質に鋭くせまった意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『ロミオとジュリエット』の愛と死の香り
  • 第2章 『夏の夜の夢』の快楽と禁欲の香り
  • 第3章 『じゃじゃ馬ならし』の夢と現実の香り
  • 第4章 『ハムレット』の清純と不純の香り
  • 第5章 『オセロー』の愛と嫉妬の香り
  • 第6章 『リア王』の悪徳と美徳の香り
  • 第7章 『冬物語』の自然と人工の香り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアの香り
著作者等 熊井 明子
書名ヨミ シェイクスピア ノ カオリ
出版元 東京書籍
刊行年月 1995.2
ページ数 394p
大きさ 20cm
ISBN 4487790999
NCID BN09880703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96047197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想