結社の時代 : 19世紀アメリカの秘密儀礼

マーク・C.カーンズ 著 ; 野崎嘉信 訳

フリーメイソン、オッド・フェロー、レッド・メン等、19世紀アメリカを席捲した秘密結社は、いかなる意味を持ち、いかに機能したか、セクトに分裂して行く教会、女性の社会活動への進出など、急速な都市化の時代において、中産階級の子弟のアイデンティティの確立に、結社はどのような役割を演じたのか。客観的データに大胆な推論をからめ、本来実証を拒む秘密儀礼を、情緒的な力学にまで踏み込んで明らかにしたユニークな結社の社会学・アメリカ文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マスク
  • 2 御言葉
  • 3 暗黒界
  • 4 父祖たち
  • 5 秘儀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結社の時代 : 19世紀アメリカの秘密儀礼
著作者等 Carnes, Mark C.
Carnes, Mark Christopher
野崎 嘉信
Carnes Mark C.
カーンズ マーク・C.
書名ヨミ ケッシャ ノ ジダイ
書名別名 Secret ritual and manhood in Victorian America
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.10
ページ数 384, 16p
大きさ 20cm
ISBN 4588021486
NCID BN09869482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94009459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想