日本の系列と企業グループ : その歴史と理論

下谷政弘 著

戦前の財閥や新興コンツェルン、戦後の企業集団、下請、系列や企業ネットワークなど、多面的・重層的な日本の産業構造を、「企業グループ」をキーワードとし、戦前・戦後を通して歴史的・理論的につかみ直す。日本の企業と産業組織をとらえる新鮮な視点に満ちた最新研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 産業と企業
  • 第2章 日本の企業とグループ展開
  • 第3章 企業グループの実像-松下グループの事例
  • 第4章 いわゆる「6大企業集団」-企業グループの連合体
  • 第5章 新興コンツェルンの登場-1930年代の企業グループ
  • 第6章 コンツェルンと財閥
  • 第7章 企業グループと系列

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の系列と企業グループ : その歴史と理論
著作者等 下谷 政弘
書名ヨミ ニホン ノ ケイレツ ト キギョウ グループ
書名別名 Nihon no keiretsu to kigyo gurupu
出版元 有斐閣
刊行年月 1993.10
ページ数 252, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4641066752
NCID BN09855309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94009387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想