内村鑑三伝

益本重雄, 藤沢音吉 著

電子展示会名:近代日本人の肖像:内村鑑三

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 大島正健 / 1
  • 序 小崎弘道 / 5
  • 序 海老名彈正 / 7
  • 序 山室軍平 / 9
  • 序 中田重治 / 11
  • 自序 / 1
  • 第一篇 (生誕より結婚迄) / 1
  • 一 その背景 / 1
  • 二 家系 / 5
  • 三 誕生日 / 11
  • 四 北海道へ遊學 / 15
  • 五 敎會を建てる / 30
  • 六 油事件 / 43
  • 七 祈禱會改革 / 46
  • 八 最初の歸省 / 50
  • 九 大衆傳道法を學ぶ / 54
  • 十 獨立敎會の萠芽 / 60
  • 十一 卒業 / 68
  • 十二 再度の歸省と父の囘心 / 71
  • 十三 新敎會立つ / 76
  • 十四 獨立めざして上京 / 86
  • 十五 北海道を辭す / 89
  • 十六 信徒大會 / 94
  • 十七 酒神を凹ます / 100
  • 十八 結婚前 / 104
  • 十九 結婚の鐘 / 112
  • 二十 破境 / 119
  • 第二篇 (渡米より不敬事件迄) / 129
  • 一 上陸 / 129
  • 二 白痴の友となる / 133
  • 三 彼の仕事 / 143
  • 四 新英洲へ / 153
  • 五 神學硏究に愛想をつかして歸國 / 179
  • 六 敎育家として / 188
  • 七 不敬事件 / 195
  • 八 内村の所謂不敬事件 / 205
  • 九 内村の公開狀 / 224
  • 十 其後の井上大不敬事件 / 235
  • 第三篇 (新聞記者時代より逝去まで) / 241
  • 一 東京を後に / 241
  • 一 泰西學館の敎師に / 249
  • 三 熊本英學校より京都へ / 254
  • 四 『余は如何にして』に就いて / 259
  • 五 日淸戰爭時代 / 265
  • 六 内村と國木田獨步、エゴイズム問題 / 274
  • 七 萬朝報記者となる / 285
  • 八 内村の非戰論と鑛毒事件 / 289
  • 九 母の死、父の死 / 306
  • 十 内村と今井樟太郞 / 312
  • 十一 愛孃の死 / 316
  • 十二 再臨運動 / 322
  • 十三 小山内、有島の背敎 / 328
  • 十四 内村の日米問題 / 334
  • 十五 内外傳道に力を入れる / 348
  • 十六 地上での最後 / 350
  • 十七 大内村の肉體的惱みに就て / 368
  • 十八 多角な性格の持主 / 371
  • 十九 彼の無敎會主義 / 380
  • 二十 遺稿 / 388
  • 内村先生の思出・逸話・感銘・書簡 / 391
  • 一 家庭より見たる内村鑑三先生 藤澤音吉 / 392
  • 二 内村先生の指導を受けて 醫學博士 竹内茂代 / 419
  • 三 内村先生に知己を得て 茨木九二 / 435
  • 四 逝ける内村鑑三先生を偲ぶ 石田友治 / 453
  • 五 内村先生の思出 田村勤 / 457
  • 六 先生に對する囘顧 根本益一郞 / 459
  • 七 開拓的使徒としての先生 河面仙四郞 / 462
  • 八 彗星天界に逸す 望月鼓堂 / 465
  • 九 内村先生と私 杉田鶴子 / 479
  • 十 艱難の生涯 寺尾熊三 / 483
  • 十一 内村先生の印象 住谷天來 / 485
  • 十二 所感 照井貞臣乳 / 489
  • 十三 内村先生と私 永島與八 / 492
  • 十四 先生の思ひ出 朝比奈儀助 / 495

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 内村鑑三伝
著作者等 益本 重雄
藤沢 音吉
書名ヨミ ウチムラ カンゾウ デン
書名別名 Uchimura kanzo den
出版元 内村鑑三伝刊行会
刊行年月 昭和10
ページ数 500, 2p 図版20枚 肖像
大きさ 19cm
NCID BN09837282
BB09004373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46078839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想