浄土教之研究

望月信亨 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 淨土の三部聖典論 明治三六・八 / 1
  • 二 三部經翻譯の年代 明治三四・一 / 7
  • 三 劉宋求那跋陀羅譯の阿彌陀經に就て 明治四二・九 / 27
  • 四 傍明淨土の經竝に論集目次 明治三六・一〇 / 34
  • 五 無量壽經の成立年代私考 明治三八・九 / 56
  • 六 讀餘雜筆 明治四一・一 / 106
  • 七 諸經に顯はれたる彌陀本生譚 明治三八・二 / 111
  • 八 彌陀因位發願の異説 明治三八・四 / 143
  • 九 無量壽經四十八願名稱比較 明治三八・五 / 208
  • 一〇 十二光佛の異説 明治四〇・三 / 211
  • 一一 過十萬億佛土の數量に就て 明治三一・四 / 214
  • 一二 十念論 明治四二・五 / 219
  • 一三 壽觀彌陀の三經と法華經との優劣 明治三一・一一 / 233
  • 一四 龍樹の十住毘婆沙論易行品 大正二・八 / 295
  • 一五 無著の攝大乘論別時意の説と之に對する淨土諸家の會釋 明治三六・一 / 322
  • 一六 世親の出世年代に就て 明治三五・五 / 342
  • 一七 再び世親の出世年代に就て 明治三五・七 / 358
  • 一八 往生論と攝大乘論の十八圓淨 明治三八・七 / 372
  • 一九 兜率上生の起源と婆須蜜菩薩 明治三九・一 / 384
  • 二〇 兜率上生に對する淨土諸家の辯難 明治三六・二 / 392
  • 二一 安世高の事蹟に就て 明治三七・八 / 417
  • 二二 支道林の阿彌陀佛像讚と極樂有女人説 明治四二・二 / 420
  • 二三 曇鸞法師の傳及び著作 明治四二・一〇 / 423
  • 二四 無問自筆 明治三五・九 / 430
  • 二五 天台觀經疏の眞僞を論ず 明治三七・五 / 434
  • 二六 天台十疑論は僞作たる可し 明治三四・九 / 454
  • 二七 慈恩大師の淨土に關する著書及び其の所説 明治三五・八 / 463
  • 二八 善導大師の事蹟 明治四一・二 / 512
  • 二九 善導大師の著書 明治四二・三 / 525
  • 三〇 慈愍三藏の事蹟及び其の文集 明治三六・六 / 536
  • 三一 支那の禪僧と念佛 明治三六・一 / 547
  • 三二 雲栖袾宏禪師の淨土教義 明治三六・九 / 550
  • 三三 澫益大師智旭の淨土教義 明治三七・九 / 567
  • 三四 叡山常行堂の念佛と其の影響 大正三・八 / 594
  • 三五 法然上人登山の年時に就て 明治四四・八 / 603
  • 三六 法然上人の南都遊學 明治四五・六 / 606
  • 三七 法然上人立教開宗の文證に就て 明治四四・一一 / 618
  • 三八 玉葉に現はれたる法然上人 明治三九・一一 / 627
  • 三九 法然上人の外寛内嚴主義 明治四一・一二 / 634
  • 四〇 元祖上人と圓頓戒の系統 大正三・四 / 642
  • 四一 再び圓頓戒の系統に就て 大正三・七 / 663
  • 四二 法然上人の著作法語竝に其の眞僞 明治三九・六 / 681
  • 四三 選擇本願念佛集 明治四二・一 / 718
  • 四四 一枚起請文に就て 明治四三・八 / 744
  • 四五 法然上人の行状記傳竝に其の價値 明治四四・五 / 749
  • 四六 本朝祖師傳記繪詞に就て 明治四四・一二 / 769
  • 四七 拾遺古徳傳に就て 明治四四・四 / 776
  • 四八 峨嵯小倉山の法然上人塔 明治四三・五 / 781
  • 四九 嵯峨の正信房湛空 明治四三・三 / 787
  • 五〇 元祖上人門下の異義 明治四三・六 / 801
  • 五一 覺明房長西 明治四三・四 / 843
  • 五二 九品寺覺明 大正二・一 / 851
  • 五三 再び九品寺覺明の所立に就て 大正三・七 / 858
  • 五四 聖冏上人の事蹟及び其の教義 明治四一・九 / 864
  • 補遺
  • 一 善導大師の觀經疏に就て / 883
  • 二 法照禪師の事蹟及び教義並に中唐代に於ける禪對念佛論 / 890
  • 三 傳教大師と淨土往生の思想 / 904
  • 四 慧心僧都と法然上人 / 908
  • 五 平安朝時代に於ける天台眞言兩家の名號字義釋 / 917
  • 六 法然上人の三昧發得記と建久九年に起つた出來事 / 924
  • 七 醍醐本法然上人傳記に就て / 937
  • 八 敬西房信瑞の著書 / 955
  • 九 信瑞の明義進行集と無觀稱名義 / 963
  • 一〇 九品寺證忍の觀經義賢問愚答鈔と竹林寺顯意の拙疑巧答研覈鈔 / 986
  • 一一 律師智圓の五部九卷及び選擇集私聚抄 / 992
  • 一二 冏師の學風と其の由漸 / 1001

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 浄土教之研究
著作者等 望月 信亨
書名ヨミ ジョウドキョウ ノ ケンキュウ
出版元 金尾文淵堂
刊行年月 昭和19
版表示 4版
ページ数 1015p
大きさ 22cm
NCID BA42548178
BN09827868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46003370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想