悪口を習う : 近代初期の文化論集

スティーヴン・J.グリーンブラット 著 ; 磯山甚一 訳

新大陸発見と植民地主義、マーロウとマルクス、インディアンの儀式、『リア王』、レーガン大統領、オルセー美術館など、多彩なテーマに展開する、現代アメリカ文学批評の主潮流・「新歴史主義」の批評実践の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 悪口を習う-十六世紀、言語植民地主義の諸相
  • マーロウ、マルクス、反ユダヤ主義
  • 穢れた儀式
  • 不安の醸成-リア王とその後継者たち
  • 農民虐殺-地位、ジャンル、反乱の表現
  • 精神分析とルネッサンス文化
  • 文化の詩学をめざして
  • 共鳴と驚嘆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪口を習う : 近代初期の文化論集
著作者等 Greenblatt, Stephen
Greenblatt, Stephen Jay
磯山 甚一
グリーンブラット スティーヴン・J.
書名ヨミ ワルクチ オ ナラウ
書名別名 Learning to curse

Warukuchi o narau
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 410
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.10
ページ数 314, 36p
大きさ 20cm
ISBN 4588004107
NCID BN09824881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94010074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想