日本の米 : 環境と文化はかく作られた

富山和子 著

日本の山河は二度にわたる大土木事業の結果である。先祖たちはいかにして大地に刻みをいれ、今日の山、川、平野を作ってきたのか。『水と緑と土』の著者が米を通して日本の歴史を検証。一滴の水も森林も古墳も、さらにはコンピュータに強い現代人の特質までも米の文化の所産であることを説き、日本人が米作りを放棄すれば環境も文化もアイデンティティも失うと警告する。土木の世界に光を当て、農業の価値を新しい視点から捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 吉野ヶ里はなぜ滅びたか
  • 1 稲は命の根なり
  • 2 米の文化、古墳
  • 3 列島改造の仕上げ、条里制
  • 4 第二の列島改造
  • 5 技術の秘密、和算
  • 6 木を植える文化
  • 終章 風景を読む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の米 : 環境と文化はかく作られた
著作者等 富山 和子
書名ヨミ ニホン ノ コメ
書名別名 Nihon no kome
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.10
ページ数 231p
大きさ 18cm
ISBN 4121011562
NCID BN09819611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94016386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想