価格の一般理論

栗村雄吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 相對價格の理論 / 1
  • 第一章 ワラス並びにパレートの需要理論 / 3
  • 第一節 槪說 / 3
  • 第二節 效用可測の想定による需要理論 ワラスの需要理論-- / 9
  • 第三節 パレートの需要理論 / 28
  • 第二章 選擇の原理 / 49
  • 第一節 二財多數人間の交換 / 49
  • 第二節 多數財多數人間の交換 / 77
  • 第三節 交換と貨幣 / 93
  • 第四節 個人的均衡安定の條件 / 125
  • 第五節 需要の法則 / 132
  • 第三章 供給の分析 / 150
  • 第一節 總說 / 150
  • 第二節 任意不可增財の供給 / 153
  • 第三節 任意可增財の供給 その一 / 160
  • 第四節 任意可增財の供給 その二 / 187
  • 第五節 生產財の需要 / 215
  • 第四章 價格決定の理論 / 219
  • 第一節 價格の所與一定と云ふ意味 / 219
  • 第二節 價格決定に關する通說 / 232
  • 第三節 相對價格の理論 / 251
  • 第二編 絶對價格の理論 / 273
  • 第五章 絶對價格理論の槪要 / 275
  • 第一節 高次の近接 / 275
  • 第六章 消費者に於ける貨幣の需要及び供給 / 283
  • 第一節 財の所有 / 283
  • 第二節 孤立個別經濟に於ける資產處分 / 289
  • 第三節 市場にある個人と收得の轉換 / 298
  • 第四節 所得の時形態の形成 / 333
  • 第五節 消費者に於ける貨幣の需要と供給 / 356
  • 第七章 企業に於ける貨幣の需要と供給 / 364
  • 第一節 固定資本 / 364
  • 第二節 生產に關する時間的要素 / 404
  • 第三節 生產資本 / 424
  • 第八章 不確實要素 / 437
  • 第一節 完全豫想と不確實要素 / 437
  • 第二節 危險分撒 / 455
  • 第三節 不確實要素と流動資產 / 470
  • 第九章 貨幣の創造 / 485
  • 第一節 金屬貨幣 / 485
  • 第二節 銀行信用の創造 / 496
  • 第三節 個別原因に基づく信用創造の限界 / 505
  • 第四節 銀行に於ける投資の問題 / 529
  • 第十章 絶對價格決定の理論 / 547
  • 第一節 消費者に於ける必要條件 / 547
  • 第二節 生產者に於ける必要條件 / 558
  • 第三節 銀行に於ける必要條件 / 569
  • 第四節 市場均衡決定に必要なる條件 / 571

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 価格の一般理論
著作者等 栗村 雄吉
書名ヨミ カカク ノ イッパン リロン
シリーズ名 理論経済学叢書 ; 第13篇
出版元 日本評論社
刊行年月 1942
ページ数 579p
大きさ 22cm
NCID BN09801230
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51009332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想