定木とコンパスで挑む数学 : 四則演算から作図不能問題まで

大野栄一 著

古代中国の神話に、男神、女神の二人が規(コンパス)と矩(定木)を交換して結ばれ、大洪水で荒れた大地を規と矩で整理し、人類を生み増やしたという話があります。西洋においても、定木とコンパスは、古代ギリシア時代から幾何学を生み出すもっとも基本的な道具として、特別に神聖視されてきました。かつて、数多くの幾何学者たちに、夢とロマンを与え続けてきた定木とコンパス。あなたも、その感激をちょっと味わってみませんか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 定木とコンパス
  • 第2章 基本的な作図
  • 第3章 縄張り師の作図
  • 第4章 フィボナッチ数列と黄金比
  • 第5章 複素数と三角関数
  • 第6章 正多角形の作図
  • 第7章 古典的な作図問題
  • 第8章 ギリシア幾何学の3大難問
  • 第9章 コンパスのみによる作図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定木とコンパスで挑む数学 : 四則演算から作図不能問題まで
著作者等 大野 栄一
書名ヨミ ジョウギ ト コンパス デ イドム スウガク
書名別名 Jogi to konpasu de idomu sugaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1993.10
ページ数 282, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4061329863
NCID BN09789598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94009536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想