新ケインズ主義の時代 : 国際経済システムの再構築

ロバート・カトナー 著 ; 佐和隆光, 菊谷達弥 訳

冷戦終結によって、覇権国の重荷から解放されたアメリカは、自由放任主義を捨てるべきだ。アメリカ経済の立て直しと世界経済の活性化を同時に達成する方策を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不承不承の政治的手腕-ブレトン・ウッズ会議と戦後体制
  • 第2章 衰えたアトラス-アメリカの支払った覇権獲得の費用
  • 第3章 レーガニズム-壮大なる問題先送り
  • 第4章 貿易-新時代における国益とは
  • 第5章 日米関係-一兆ドルの誤解
  • 第6章 安全保障-軍事に頼るか、経済に頼るか?
  • 第7章 グローバル・ファイナンス-多元化に向かう世界
  • 第8章 レセフェールとアメリカの将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新ケインズ主義の時代 : 国際経済システムの再構築
著作者等 Kuttner, Robert
佐和 隆光
菊谷 達弥
カトナー ロバート
書名ヨミ シン ケインズ シュギ ノ ジダイ
書名別名 The end of laissez-faire
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1993.9
ページ数 462p
大きさ 20cm
ISBN 453214230X
NCID BN09776199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94000695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想