叡山をめぐる人びと

新井栄蔵, 後藤昭雄 編

三国仏法史を具現する仙人法道、円珍と文人、相応、慈円、長舜、尊通、実海など、古代〜近世の叡山文化を育んだ人びとの営みを、和歌・説話研究における新しい視座を提示しつつ掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 法道仙人の半生
  • 円珍をめぐる文人たち
  • 相応和尚像の変貌
  • 慈円の孤独-初期百首群を中心に
  • 叡山法印長舜の和歌活動
  • 埋もれた室町期一学僧の世界-北林坊尊通の一、二の著作類を中心に
  • 直談の語り手たち-実海の営為

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叡山をめぐる人びと
著作者等 後藤 昭雄
新井 栄蔵
書名ヨミ エイザン オ メグル ヒトビト
書名別名 Eizan o meguru hitobito
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1993.10
ページ数 158p
大きさ 20cm
ISBN 4790704734
NCID BN09772121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想