理論を讃えて

ハンス=ゲオルク・ガダマー 著 ; 本間謙二, 須田朗 訳

科学、理性、理論、言葉、文化、実践、啓蒙などのキーワードを相互に連関した概念として理解し、その連関のなかでひとつの統一的な問題状況を描き出す。多岐にわたる思考を明快に収斂させその哲学の展開を示す講演集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文化と言葉
  • 第2章 理論を讃えて
  • 第3章 理性の力について
  • 第4章 実践哲学の理想について
  • 第5章 科学と公共性
  • 第6章 啓蒙の道具としての科学
  • 第7章 一七八二‐一九八二の寛容の理念
  • 第8章 自己疎外の徴候としての孤独化
  • 第9章 今日の文明過程における人間とその手
  • 第10章 言葉の表現力
  • 第11章 よいドイツ語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理論を讃えて
著作者等 Gadamer, Hans-Georg
本間 謙二
須田 朗
ガダマー ハンス・ゲオルク
書名ヨミ リロン オ タタエテ
書名別名 Lob der Theorie

Riron o tataete
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 412
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.10
ページ数 190p
大きさ 20cm
ISBN 4588004123
NCID BN09762241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94009157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想