ユートピアの幻想

川端香男里 著

ギリシア語で<どこにもない理想郷>を意味するトマス・モアの造語<ユートピア>。プラトンの『国家』に始まるその古典的淵源から説き起こし、十九世紀の社会主義的ユートピア志向を経て、現代のSF化された未来論に至るユートピア思想の変遷を辿る。さまざまな楽園伝説や終末論、諷刺・幻想文学などの隣接領域と対比しながら、比較文化学の視点からユートピア像の多面的な姿を考慮した画期的力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ユートピアとは何か
  • 第1章 ユートピアの古典的淵源
  • 第2章 中世からルネッサンスへ
  • 第3章 フランス革命まで
  • 第4章 十九世紀
  • 第5章 現代のユートピア
  • 第6章 ユートピアと東洋
  • 終章 ユートピア的幻想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユートピアの幻想
著作者等 川端 香男里
書名ヨミ ユートピア ノ ゲンソウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.10
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 4061590944
NCID BN09757456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94006629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想