最近の国語学と方言学

東条操 著

[目次]

  • 目次
  • 序章 国語学の展開 奈良時代より昭和まで / p1
  • 国語学 / p1
  • 国学以前 / p1
  • 国学 / p3
  • 元禄時代 / p4
  • 安永時代 / p4
  • 文化文政以後 / p4
  • 江戸の研究 / p5
  • 明治初期 / p5
  • 広日本文典 / p6
  • 国語調査委員会 / p7
  • 比較研究 / p8
  • 大正の研究 / p9
  • 昭和以後 / p9
  • 国語学概論 / p10
  • 結語 / p11
  • 第一章 国語学会成立前後昭和十二年より二十三年まで / p13
  • 概観 / p13
  • 国語学会 / p15
  • 橋本進吉博士 / p16
  • 時枝博士の「国語学原論」 / p18
  • 国語学史 / p21
  • 国語史 / p23
  • 春日博士の訓点研究 / p24
  • 岡田希雄氏の「類聚名義抄の研究」 / p25
  • 有坂博士の「音韻論」 / p26
  • 山田博士の近業 / p29
  • 敬語法研究 / p30
  • 現代語研究 / p33
  • 解釈学と文体論 / p36
  • 方言と俚言 / p38
  • 国語問題 / p40
  • 現代かなづかい / p42
  • 当用漢字 / p43
  • 第二章 国立国語研究所開所以後昭和二十四年より三十四年まで / p47
  • 概観 / p47
  • 国立国語研究所 / p54
  • 「言語生活」と国語学 / p56
  • 言語学と国語学 / p57
  • 「国語学原論続篇」と「現代の国語学」 / p58
  • 時枝博士の「日本文法」 / p60
  • 服部博士の言語論と国語研究 / p66
  • 「音声学」と「音韻論と正書法」 / p70
  • 国語系統論と言語年代学 / p74
  • 「上代仮名遣の研究」と「上代音韻攷」 / p80
  • 訓点語 / p82
  • 近代語 / p85
  • アクセントの研究 / p88
  • 「日本方言学」と「全国方言辞典」 / p94
  • 地方言語研究室・日本放送協会 / p98
  • 方言周圏論以後・「方言語彙学的研究」 / p102
  • 日本言語地図・糸魚川調査 / p109
  • 第三章 方言学界の展望昭和二十年以降の地方方言学界を中心として / p119
  • 方言研究の進歩 / p119
  • 学会の調査 / p120
  • 地方展望-北海道・東北 / p121
  • 関東・中部・北陸 / p122
  • 近畿(京阪) / p125
  • 中国・四国 / p127
  • 九州・薩南諸島・琉球 / p130
  • 「日本方言の記述的研究」 / p136
  • 結び / p139
  • 著者略年譜 / p141
  • あとがき / p150
  • 索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 最近の国語学と方言学
著作者等 東条 操
書名ヨミ サイキン ノ コクゴガク ト ホウゲンガク
出版元 筑摩書房
刊行年月 1960
ページ数 150p
大きさ 20cm
NCID BN09749924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60016114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想