中国革命史 : 中国共産党の形成と発展

藤井高美 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 序言
  • 第一部 国民大革命の時代 / p1
  • 第一章 第一次国共合作の成立 / p3
  • 一 コミンテルンの企図 / p3
  • 二 中共の成立と発展 / p6
  • 三 国共合作と国民党の改組 / p20
  • 四 三民主義の発展とその限界 / p27
  • 第二章 五・三〇事件と省港罷工 / p34
  • 一 序 / p34
  • 二 五・三〇事件 / p35
  • 三 省港(広東・香港)罷工 / p51
  • 四 むすび / p62
  • 第三章 北伐-国民大革命中における国共関係の一考察 / p64
  • 一 南方政局 / p64
  • 二 北伐戦争 / p71
  • 三 農民運動 / p79
  • 四 労働運動 / p100
  • 第四章 武漢政府時代における国共関係 / p112
  • 一 武漢・南京の対立と二つの北伐 / p112
  • 二 コミンテルンと中共の戦術 / p116
  • 三 馬日事変 / p120
  • 四 鄭州会議 / p130
  • 五 破局 / p134
  • 六 結語 / p137
  • 第五章 北伐の進展に対処するモスコーの指導とその反応 / p141
  • 一 「反帝国主義」のバランスシート / p141
  • 二 合作問題-「段階論」の現実 / p148
  • 三 革命の中核-農民と土地の問題 / p158
  • 四 軍隊の問題 / p173
  • 五 密電の提示 / p178
  • 六 事態の収拾-「八・七会議」 / p181
  • 七 むすび / p185
  • 第二部 第二次国内革命戦争の時代 / p193
  • 第六章 毛沢東の権力への登場 / p195
  • 一 農村革命根拠地の樹立問題 / p195
  • 二 根拠地・紅軍の建設 / p210
  • 三 李立三コースとそのあと始末 / p221
  • 四 反囲剿と西遷 / p234
  • 五 むすび / p255
  • 第七章 農村革命根拠地の樹立に関する一考察 / p257
  • 第八章 李立三路線の一考察 / p277
  • 第九章 国際派と毛沢東 / p305
  • 第三部 抗日民族統一戦線の結成 / p325
  • 第十章 抗日民族統一戦線の先声 / p327
  • 第十一章 抗日民族統一戦線に関する一考察(一九三五年~一九三七年) / p348
  • 一 中国共産党の戦術転換と抗日人民戦線の結成 / p348
  • 二 西安事件から第二次国共合作の成立へ / p376
  • 三 むすび / p402
  • 総括 / p407
  • 「中国革命」指導者略伝
  • 「中国革命史」年表
  • 人名索引
  • 事項索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中国革命史 : 中国共産党の形成と発展
著作者等 藤井 高美
書名ヨミ チュウゴク カクメイシ : チュウゴク キョウサントウ ノ ケイセイ ト ハッテン
シリーズ名 現代政治シリーズ
出版元 世界思想社
刊行年月 1967
ページ数 443, 46p 図版
大きさ 19cm
NCID BN09747634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67006922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想